Paint It Blue

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011 J2 アウェイ ロアッソ熊本戦&なでしこ世界一

<<   作成日時 : 2011/07/19 23:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回、久しぶりの勝利を得て、連勝を目指した熊本戦でしたが・・・結果はご存知のとおり引き分け。勝てた試合ではあったけども勝ちきる力も無かったような気がします。今回は嫁さんがレンタカー組で遠征に参加。子供は実家に預けてたので自宅で1人で観戦しました。


熊本さんは動員がかかった試合でして、なんと25,005人の観客数。いくらタダ券を配ったとはいえすごい数字ですね。クラブ史上最多の観客動員数だそうです。カターレもそのぐらいお客さん入らないかなあ・・・なるべく早く実現したいですね〜。観客が多かったので帰りはやはり駐車場を出るだけでも大変だったそうで、遠征組の皆さん本当にお疲れ様でした。


試合はいいちゃんの素晴らしい判断の素早いフィードから大西→コケへのこれまた素晴らしいパスが通ってカウンターのお手本のような展開で見事に先制。前線からのプレスと粘り強い守備で何とか凌いでいただけに後半のゴール前のごちゃごちゃからクリアしきれないで失点というのはもったいなかったですね・・・まあ熊本もあれだけお客さん入って負けられないでしょうし意地を見せられたってとこでしょうか。悪い試合ではなかったと思いますが攻撃にもう少しの精度と工夫があればなあ、というのは正直なところです。シュート3本とか少なすぎだし・・・。


新加入の福田がスタメンでしたがまあまあの出来でしょうか。さすがに高さ、強さはありますね。1試合観ただけではなんともですが課題はフィードの正確性と判断かなあ、と。味方選手との呼吸が合ってきたら改善するかもですけどね。今後に期待しましょう。


さて、熊本戦を見終わった後は早々に就寝しました。もちろん早朝からの女子W杯決勝を観る為です。22時前には寝て、3時半に起きるつもりが3時に勝手に目が覚めました。普段仕事の時は全く起きられないこの俺がw


決勝戦はとにかく凄い試合でしたね。そして本当に素晴らしかったです。正直、アメリカのほうが強かった。内容的にもベストではなかったかもしれない。でも、勝ちたい気持ちが日本のほうが上回っていた。それが勝利を引き寄せたような気がします。非科学的な根性論は好きではないし技術、体力は重要なんですけど人間がやることなのでメンタルというのは凄く大事な事だと再認識しました。今回の女子日本代表は技術、戦術共にとても魅力的なチームでしたけど、そこに魂を吹き込んでいるのはやはり選手達の気持ち、想いの強さだったな、と。それがあるから観ているこっちも感動するんですよね。人を感動させるのは人の心、というようなのをどこかで聞いた気がしますがまさにそういうことなんですよね。


本当に、素晴らしい偉業です。W杯を日本代表が制する姿を見られるなんて、夢のようです。選手達には感謝の気持ちでいっぱいです。願わくばこれをきっかけに女子サッカーの環境整備が進んでくれれば・・・。本当に良いサッカーをしていましたし、もっと女子サッカーの底辺が広がればサッカー全体の盛り上がり、世間でのサッカーの地位向上にもつながりますしね。


今回なでしこジャパンが披露したサッカーは世界で日本が勝つためのスタイルとして今後推し進めていくべき姿なのではないかと思っています。男子の代表も世界の頂点を目指して・・・今までは夢でしたが現実的に何をしていくか目標として考えていくべきなのかもしれません。そして何とか自分が生きてる間にW杯を制する姿を観たいですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011 J2 アウェイ ロアッソ熊本戦&なでしこ世界一 Paint It Blue/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる