Paint It Blue

アクセスカウンタ

zoom RSS ホーム東京ヴェルディ戦

<<   作成日時 : 2010/11/08 23:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

前節、北九州との激闘を制し、3−3−3−1という新システムがどこまで通用するのか、昇格を狙える位置につけるヴェルディを相手に真価が問われる一戦と考えていました。上位相手にも攻撃的に行けるのか、それとも圧倒されるのか・・・。
で、試合が終わった後の正直な感想。


「すっきりしない」


なんなんでしょう。
よく、サッカーは2−0が怖い(危ない)なんて言われたりします。そのとおりの試合になってしまったんですがでも実際1−0よりは2−0の方が有利な筈。

基準が曖昧(に思えた)ファウルの判定、不可解ともとれる大ちゃんのオフサイド、最後のドロップボール。
確かに不利な判定が多かった印象です。では審判のせいで負けたのでしょうか?

俺はそうは思いません。まあカターレに良い影響は無かったですけど。
安間監督のコメントが全てを言い表していると思います。
http://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/00109521.html
まだまだ甘いんですね、きっと。でも選手達が懸命に、富山の為に戦ってくれているのはすごく理解しています。だから俺達も最後まで戦えるよう、懸命にサポートする。

「最後まで戦えるチームにしたい。ロスタイムまでは戦えたので、今度は結末まで戦えるチームになれるように選手の目先をもっていきたい」安間監督談:J’sGOALより抜粋

ゴール裏も、最後まで戦いましょう。偉そうな事を言うようですが3失点目の後、声が出なくなってた人が多くいたように思えました。諦めてしまっているように見えました。確かにロスタイムでの痛すぎる失点、可能性はもう殆ど無かったかも知れません。でも、ホイッスルはまだ鳴っていなかった。諦めたら、その時点で負けです。これからもずっと長い長い、諦めてはいけない戦いは続きます。最後まで、一緒に戦いましょう。


試合前、ゴール裏入場口の待機列にヴェルディサポの方が駒沢での件のお礼に来てくださいました。そしてご存知のとおり試合前にはカターレ富山コール、ありがとう富山のダンマクを出してくれました。こういった交流があるのはJリーグのとても良いところですし、サポートするクラブは違えどJリーグを共に戦い、日本のサッカーを共に盛り上げていく仲間としてこれからもお互いに切磋琢磨していけるといいですね。

ヴェルディも無事存続が決定し嬉しく思います。正直に言うと昔からあまり好きなクラブではないのですけど(ごめんなさい)しかし潰れてもいいクラブなどひとつとしてありません。今後かつての力を取り戻すのか興味深いところですが、発展し、力を付けるクラブが現れることはリーグ全体にとっても、我がクラブにとっても良い影響の方が多いと考えます。だからこそ、これからはヴェルディが地域に根付き、再度経営危機などにならぬよう今後の発展をこの場を借りてお祈り申し上げます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
僕も日産自動車(=マリノス)派だったので、アンチヴェルディですが、チームがなくなるとなると別の話。
とにかく存続できてよかったです。
あのヴェルディが存続の危機とは、隔世の感がありますね。

ロスタイムの失点後、メインでも意気消沈している人もいましたが、最後のプレーまで声を出している人も何人かいましたよ。

振り返ってみれば、前半のOGが痛かったかと思います。試合運びがまだまだですね。
nori
2010/11/09 21:04
盛者必衰とは言うものの、あのヴェルディがねえ・・・ってかんじですね。
何よりも存続していくことが大切という事を改めて教えてくれる今回の件でした。

メインでも声援を送ってくれる方がいてくれて嬉しいですね。それだけに勝ちたかったですが・・・仰るとおり、あのOGが痛かったですね。あそこで取られちゃいけないんだけどなあ・・・次、頑張りましょう!
にや
2010/11/10 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホーム東京ヴェルディ戦 Paint It Blue/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる